* 白玉ぜんざい *
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*父とのお別れ
長い間、ブログをお休みしてしまいました。。。
実は、、、10月初旬に、父が自宅にて永眠しました。

今年、2月はじめに肺がんが見付かり、その直後にもう後数日の命と言われて
危なかったのに、10月までほんまによう頑張ってくれました。
最期は母と私が手を握り、サッタと、姉と、ワンコと、お医者さんに見守られながら
ほんまにスースーと「今から昼寝するでぇ~」って感じで亡くなっていきました。
亡くなった後の顔は、苦しみもがいた後の顔ではなく、安らかな安らかな笑顔で、
私達も「笑ってるし」と思わず微笑んでしまう程でした。
後数日の命と言われてからここまで頑張ってくれたお陰で、私も悔いなく過ごす
事が出来ました。
最期のの亡くなり方も…、亡くなった後の笑顔も…、私達が悲しまないようにと
父の優しさのように思います。

父は私の事をすごく思ってくれていました。
私の病気を治したいと、何度もお酒やタバコを絶ってくれたり…。
そういえば、こんな事がありました。
小学生の頃におじさんの家に行った時に、父と2人でその近くのお寺に行った
事がありました。
それを今年の5月に、父がいきなり「昔、○○のおっさんとこ行った時に、2人で寺
行ったん覚えてるけ?」って聞いてきたんで、勿論よくよく覚えてる事やったんで
「覚えてるよ」って答えたら、ちょっと嬉しそうに「そうか覚えてるか♪」と
答えました。
「あの寺なんて名前やったっけな?そんな難しい名前じゃなかったと思うねんけど」
と言うと、「覚えてるか?って聞いただけやし、覚えてたらそれでいいねん。
その時、おっさんの知り合いか誰かにあの寺の噂を聞いて、あそこで願掛けしたし
お礼参りに行かなあかん」って言うし、気になってネットで名前を調べて父に
伝えたら、「そうやそうや○○寺や!あそこで写真撮ったな。その時に年寄りの
夫婦におうたやろ?覚えてるけ?」と聞くので、写真撮った記憶も老夫婦にあった
記憶もあったし「覚えてるで!」と答えると、「その夫婦に娘(私)が病気やし、
ワシの寿命が短くなってもいいしお願いします…ってお参りしに来たんです言う
たら、その夫婦も月に1回息子に内緒でお参りに来てるて言うてはって、願いが
叶ったら必ずお礼に来なあかんよって言うてはったんや!」って言うことを
話してくれました。
父は歴史が好きで、元々お寺とか神社とか行くのが好きな人やったから、その時も
誰かにあそこにお寺があるって聞いて行ってみただけと、ずーっと思ってたから、
まさかその時も私の事をお願いしてくれてたとは思ってもいませんでした。
「お礼参りに行かなあかん」って言うてたって事は、その時にもう自分の命は長く
ないって思ってたのかなぁ…。。。
その話の後、そのお寺で撮った写真を探したいと思いつつ、父の看病を優先
させたくて探せなかったのですが、父がなくなってから見つける事が出来ました。
前の私の厄年の時も父が病気になり、今回も父が…。
最後の最後まで、私の事を守ってくれました。

また、私がまだ歩いていた頃、父はどこにでも車で送り迎えしてくれていました。
高校卒業後に知り合いに頼まれてアルバイトをしてたけど、その場所が駅から
離れてたから、私が歩くのが大変やし送り迎えをしてくれていました。
終わる時間が色々でその日にならな分からんってバイトやったんで(2~4時間
くらい)その時は携帯もなかったし、私を送った後はずっと近くで待機して
くれてて、終わる時にはちゃんと定位置に。
真夏でもそんな状態やったんで、お茶は飲んでたけどそれでも脱水状態と、
今で言うエコノミー症候群みたいな感じになったせいで、脳梗塞になって
しまいました…。
それでも、脳梗塞の後遺症はほとんどなかったから、その後もどこにでも送り
迎えはしてくれていました。
歩いてた頃は、私が病気と知らない人もいたし「いい歳して、親に送り迎えして
もらってバイト行って」と言う人もいたし、私は自分がどう思われようと構わん
かったけど、父が「いい歳した娘の送り迎えして」とか思われるのがすごい嫌
やったけど、でも…私1人では何も出来ひんし、結局は周りの目を気にしつつも
甘えっぱなしでした。
父が亡くなる数週間前、訪問看護婦さんが来てくれていて、3人で雑談をしていて
その時に、「お父さんにはよう車に乗せてもらった」って話になった時、看護婦
さんに「私がバイトしてた時も、毎回送り迎えしてくれてはってんでぇ!バイトが
終わるまで待っててくれはってなぁ…!」と自慢げに話すと、父が「いやな、
コイツがな車降りて坂下って行きよんの見たらなぁ…、こんな病気やのに一生懸命
歩いてな…えらいなぁ~思うてなぁ…。」と話してくれました。
今まで、そんな事言われた事がなかったから、そんな風に思ってくれてたんやと
思って嬉しくて涙が出ました。
当時、周りにどう思われようと、父はこんな私の事を自慢に思ってくれてたの
かもしれません。
思い出話を書き出すとキリがないですね。。。

父が亡くなってから、翌日のお通夜、翌々日の告別式、、、その後も家の方に色々と
お参りに来てくれはったり、逮夜のお参りがあったり、何かとバタバタと日だけが
過ぎていって、、、でも、最近やっと少しだけ落ち着けるようになりました。
父はまだ家で寝てるような気がしたり、ちょっとそこまで買い物に出かけてるだけな
気がしたり、母は「病院に入院してはるような気がする」と言っています。
ただ、父が残した物を目にしたり、もうこれを一緒に食べる事が出来ひん…、もう一緒に
あそこに行く事が出来ひん…という事が、頭をよぎると涙が次から次へと溢れてきます。

お父さん…、もう顔を見て話が出来ひんのが、一番辛くて悲しい。
今も話したい事がいっぱいあるし、これから先もまた話したい事はどんどん増えるのに。
1つだけ…、お父さんと結婚式の写真を撮らなかった事が悔いが残るよ。。。
ワンコの世話があるしって、留守番してくれてたお父さん。
サッタは「本当にいいの?」って聞いてくれてたのに…。
まさか、こんなに早くに亡くなると思ってなかったし。。
あの時はまだ元気やったし、無理にでも連れてくれば良かったなぁ。。。
そしたら、結婚式してないお母さんとも、2人でちゃんとした写真も撮れたのになぁ。
お父さんもお母さんも、ごめんね。

お父さん…。
お父さんの娘としてこの世に誕生させてくれてありがとう。今まで…そして最後まで
守ってくれて本当にありがとう。この数ヶ月間、私に親孝行をする時間を与えて
くれてありがとう。
ほんまによう頑張ったなぁ…、お疲れさんやで。
大好きなお酒もタバコも、もう好きなだけ飲んでいいからなぁ。
200810tabako.jpg

※PS…前回更新の8/20以降の記事ですが、かなり書き溜めて保存してあるので
   また時間が出来たら徐々にUPしていきます。

この記事へのコメント
59. ピョニー   URL  2008/11/04 00:39 [ 編集 ]
こんばんは。
まず最初に、お父様のご冥福をお祈りいたします。
びっくりしました。治ると信じてたので…。
残念なことになってしまったけど、チイさんもサッタさんもお母様もお姉さんもワンコちゃんも
一緒に最期を看取ることが出来て、お父様もそれは嬉しかったんじゃないかなと思うんです。
チイさんのことをずっと大切に育ててくれたお父様が亡くなられた事は悲しい事実ですが
思い出を大切にし、ご家族が皆、元気に楽しく、お父様の話を笑って出来るような暮らしを
お父様は天国で望んでいらっしゃるのではないかとも思います。
私も病気で母を亡くしていますので親を失う悲しみはとってもよく分かります。
お父様のぶんもチイさんが楽しく、毎日を大切にこれからを進んでいってください。
言葉足らずで申し訳ありませんが チイさん、ご家族の皆様、どうかお体を大切に。
60. ユイコ   URL  2008/11/04 21:35 [ 編集 ]
チイちゃん、このたびは本当にご愁傷様でした。
そしてお疲れ様でした…。
お父さん、ほんまによう頑張らはったね。
心からご冥福をお祈りします。

すっかり秋らしくなって寒い日もあるので、
ご家族みなさん、お身体にどうぞ気をつけて、
お過ごしくださいね。
61. toshie   URL  2008/11/05 09:58 [ 編集 ]
おはようございます。
まずは・・・お父様のご冥福お祈り申し上げます。

更新されてないかなーとほぼ毎日覗いていて。
ビックリしました・・・。
チイさんの悲しみは計り知れないものだと
思います。
でもお父様の最期を看取れてよかったですね。
きっとお父様も喜んであったと思います。
しばらくはゆっくりされて体をしっかり休めてくださいね。そしてお母様のことも大切なさってください。
62. ペコリン   URL  2008/11/05 14:03 [ 編集 ]
お父さんのご冥福をお祈りいたします。

チイちゃん。。。
もうすぐ四十九日を迎えるんやね?
少しは落ち着いたかな?

これから寒くなるんで、身体に気を付けて、ゆっくりと元気になっていってね。
チイちゃんが、サッタ君と仲良く幸せに暮らしている姿を
お父さんはいつも見守ってくれてはるからね。
63. チイ   URL  2008/11/11 16:20 [ 編集 ]
みなさん、ありがとうございました。m(_ _)m
まだ四十九日過ぎてないけど、父は病気の苦しみや不安から解放されて
あちらで私達の毎日を見ながら、クスクス笑って楽しく過ごしていると思います。
ただ、人一倍寂しがりな人なので、寂しい思いをしてないかどうかが心配です。
と言いつつも、私はまだ実感わかず、、、まだお父さんがいるような、、、
携帯に電話したら嬉しそうに出てきそうな気がしています。

少しずつ気持ちも整理して、ブログ更新やブログ訪問などボチボチと
マイペースでやっていきますんで、今後もよろしくお願いします。
管理者にだけ表示を許可する
現在のチイ

カテゴリ
最近の記事&コメント

記事検索

カスタム検索

過去

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

チイ

Author:チイ
サッタとチイとしらたんの
愉快な愉快な三人(?)暮らし♪
しらたんの話、食べ物の話、
お出掛けの話、買った物の話、
横浜F・マリノスの話などなど
綴ってます♪

2010年8月1日から* フタリビヨリ *は
* 白玉ぜんざい *として再スタート
しました!
しらたん中心のブログになりましたが、
今まで通り食べた物や、出掛けた事
などの日記も書いています♪

2012年3月、アメブロ版* 白玉ぜんざい *
再スタートしました!

 


script*KT*

リンク
1ヶ月間の人気ページランキング 
横浜F・マリノス

RSSリンクの表示




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。